生活経済学会

設立と目的

活動の概要

役員紹介

研究大会

地方部会

学会誌

各種委員会活動

入会案内

その他のお知らせ

LINK

HOME

学会誌


  1. 学会誌バックナンバー
  2. 電子公開サービス
  3. 『生活経済学研究』掲載論文応募要領(一部変更しました)
  4. 書籍紹介

*

【1 学会誌バックナンバー】

学会誌『生活経済学研究』は年2回発行しています。

学会誌バックナンバー(2000年2月〜2017年9月発行)目次

第45巻(2017年3月発行)は【こちら】からご覧いただけます。

第44巻(2016年9月発行)は【こちら】からご覧いただけます。

第43巻(2016年3月発行)は【こちら】からご覧いただけます。

第42巻(2015年9月発行)は【こちら】からご覧いただけます。

第41巻(2015年3月発行)は【こちら】からご覧いただけます。

第40巻(2014年9月発行)は【こちら】からご覧いただけます。

↑ページ上に戻る

*

【2 電子公開サービス】

学会誌『生活経済学研究』の電子公開サービスについて

2017年3月の国立情報学研究所の電子図書館事業終了に伴い、学術コンテンツサービス「CiNii」による『生活経済学研究』の電子公開については、科学技術振興機構(JST)が提供する総合電子ジャーナルプラットホーム「J-STAGE」において行うこととなりました。
なお、これまで「CiNii」で公開していたバックナンバーについても「J-STAGE」に移行しました。

リンク先(CiNii):http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AN10495701_jp.html
リンク先(J-STAGE):https://www.jstage.jst.go.jp/browse/seikatsukeizaigaku/-char/ja/

↑ページ上に戻る

*

【3 『生活経済学研究』掲載論文応募要領】

  学会誌『生活経済学研究』は、年2回(3月・9月)発行しています。応募締切後、査読結果に基づき「掲載/不掲載」が決定し、刊行まで「約6ヶ月」と、短期間で結果が出るのが特徴です。
 次回、2018年9月末発行号の学会誌『生活経済学研究』(第48巻)に掲載する論文を次の要領で募集しています。 ぜひ、皆さまの投稿をお待ちしております。
※投稿料、掲載料が必要となります。
※応募要領を一部変更しました。ご注意ください。
(1)応募資格

生活経済学会会員は、会員種別を問わずどなたでも応募できます(2014年度の総会承認により、「準会員」の応募が可能となりました)。 なお、共同執筆論文の場合には、執筆者全員が応募資格を満たしているものとします。
(2)投稿原稿 原稿の内容は、未公刊・未応募(邦文又は英文)のものに限ります。
※変更しました
原稿は横書きとし、原稿の長さは、邦文の場合、論文については16,000字(図表を含む。題目、要旨、キーワードは除く)、研究ノートについては8,000字(図表を含む。題目、要旨、キーワードは除く)、英文の場合は6,400語(邦文と同様)とします。図表は1点につき500字に換算してください。



前掲Aの字数制限を超過する場合、発刊の際、その超過分等に要した印刷経費は、原則として執筆者負担とします。ただし、超過する場合でも、邦文は20,000字(図表を含む)、研究ノート10,000字(図表を含む)、英文は8,000語(邦文と同様)を上限とします。
邦文、英文のいずれの場合も200語程度の英文要旨(事前にネイティブチェックを受けること)をつけ、文末に英文要旨に対応した和文要旨(500字程度)をつけてください。
5つ以内のキーワード(英語と日本語)をつけてください。
邦文の原稿の場合は日本語の題目、英語の題目、日本語表記の氏名(脚注へ英語表記)、所属(日本語と英語。脚注へ)、英文要旨(Abstract)、キーワード(英語と日本語)、本文、和文要旨の順に執筆願います。 英文原稿の場合は英語の題目、日本語の題目、氏名(英語表記)、所属(英語表記。脚注へ)、英文要旨(Abstract)、キーワード(英語と日本語)本文、和文要旨の順に執筆してください。

 
原稿を電子記録媒体(CD-R等)に保存し、同封してください。その他の媒体を希望する場合は事務局までお問い合わせください。
なお、次の様式で作成願います。(キーワード・要旨など詳細については、下記の「様式見本」を参照してください)
邦文 ・用紙はA4判、横書き
・文字は明朝体・ 10.5ポイント
・書式は1行 44文字× 40行
・余白は上部 25o・下部 30o・左端 24mm・右端 23o
英文 ・用紙、フォント、余白は和文と同様。
・A4版用紙に1行17語を目安に40行(1頁700語を目安)で印字してください。

書式見本
提出された原稿及び電子記録媒体は、返却しません。




『「生活経済学研究」投稿申込書』に必要事項を記入の上、投稿原稿に添付してください。*投稿申込書の様式を変更しました

投稿申込書

(3)論文・研究ノートの審査・再提出
※変更しました 投稿いただいた原稿は、レフェリー(査読員)の査読結果報告にもとづき、編集委員会が審査し、掲載の可否を決定します。
(4)著者校正 (1) 著者校正は、原則として2回までとします。
  (2)

印刷上の誤り以外の字句修正、あるいは原稿になかった字句の挿入は、原則として認めません。
  (3)

校正の際は、指定の期日までに、編集委員会(事務局)あて必ず返送してください。
(5)応募締切

2018年3月31日(必着):第48巻

(6)投稿料・
  掲載料
原稿の投稿には、投稿料として5,000円、また、論文(研究ノートを含む)掲載の場合には、掲載料として別途5,000円を要します。原稿送付時、又は掲載通知受領後、「ゆうちょ銀行の振替口座00180-9-16600(生活経済学会)」に納入してください(通信欄に投稿料又は掲載料と明記してください)。 なお、納入済みの投稿料又は掲載料は返還しません。
(7)送付部数
※変更しました
印刷した原稿2部(査読用に著者名・所属・謝辞等を削除したもの1部、著者名等を記載した完全版1部)と『生活経済学研究』投稿申込書1部、及びこれらのデータ(Word形式)を保存した電子記録媒体(CD-R等)1枚。
(8)原稿送付先 生活経済学会 事務局
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3丁目7-4
Tel : 03-5275-1817
Fax : 03-5275-1805
(9)発行時期 
2018年9月(予定)
編集事情等により、次巻に合併して掲載することもございますので、ご了承願います。

↑ページ上に戻る

*

【4 書籍紹介】

生活経済学会編集委員会では、会員の業績を紹介し会員相互の研究活動の振興に
資するため、「生活経済学研究」において会員の編、著、訳の書籍を一覧表形式で掲載することとしています。
会員の皆さまからの多数のご応募をお待ちしております。
(1)応募資格 生活経済学会の会員とします。
なお、共同編著、共同監修、共同訳の書籍の場合、共同編著者等の中に生活経済学会の会員以外の方が含まれていても応募することが出来ます。
(2)応募対象書籍 次号(47巻:2018年3月発行)において書籍紹介の対象となるのは、原則として2015年4月から2017年12月までの間に出版された会員編著等の書籍に限ります。なお、会報、紀要、雑誌等は除きます。 また、既に「生活経済学研究」の会員編著等書籍紹介において紹介された書籍も除きます。
(3)応募方法 別紙様式に所要の事項を記入の上、郵送、FAX又はE-mail添付により生活経済事務局(下記5)あてに提出してください。なお、様式は下記よりダウンロードできます。
(4)応募締切 2017年12月28日(必着)
(5)送付先 生活経済学会事務局
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3丁目7-4
Tel:03-5275-1817
Fax:03-5275-1805
E-mail:he-office@jsheweb.org

編集委員会委員
小笠原 浩一 (委員長・東北福祉大学) 畔上  秀人  (東洋学園大学)
工藤  健一  (東北福祉大学) 齋藤  悦子  (お茶の水女子大学)
城下  賢吾  (山口大学) 諏澤  吉彦  (京都産業大学)
丸山  桂   (成蹊大学) 水落  正明  (南山大学)
山本  克也  (国立社会保障・人口問題研究所)

↑ページ上に戻る


生活経済学会
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3丁目7-4
Tel:03-5275-1817 Fax:03-5275-1805

E-mail:he-office@jsheweb.org