会社員と自営業の大きな違い

会社員の場合は、毎月会社からお給料をもらいますが、その際に社会保険の手続きも会社が行ってくれます。社会保険や市町村民税などを差し引いてある分がお給料として支払われます。自営業の方の場合は、国民年金の納付や、健康保険の納付なども、自身で行う必要があります。会社の場合は法人税を支払いますが、自営業者の場合は、確定申告をして、所得税を納税する必要があります。

自営業のメリット

会社員と自営業を比較した場合、会社員の方が安定していて良いと思っている人も多いと思いますが、自営業にもメリットがあります。今回は2つのメリットをご紹介します。まず、会社員であれば基本的に1日8時間…

» Read More

自営業のデメリット

自営業のデメリットは安定していないことでしょう。仕事が毎日あるとは限らないですし、同じ給料がもらえる会社員とはそこが大きく違います。自営業では働かなければお金がもらえないことが多いので、仕事がある…

» Read More

会社員と自営業の最大の違いとは?

会社勤めをするだけでなく、勤務先を辞めて独立起業する方法があります。自分が好きな仕事をする、しかも、上司の顔色を見なくてもよいので、どんなに働きやすいことでしょう。しかし、いざ独立するとそういうわ…

» Read More

自営業の確定申告

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の売上から仕入や交通費などの経費を差し引いた額から、その年1年間の納税額を確定して、翌年の2月16日から3月15日の間に、事業を営んでいる場所の管轄の税務署へ申告することです。会社員の場合は、諸手続きは会社が行ってくれますが、個人事業主やフリーランスとして所得が一定額を超える場合は、自分で確定申告をしなければいけません。

白色申告と青色申告はどう違いますか?

青色申告や白色申告は、個人事業主などが確定申告の時に申告する方法の種類を示します。青色申告は、複式簿記で帳簿をつけなければなりません。多くの企業が正規の会計ルールとして使用しているのが複式簿記です…

» Read More

確定申告の流れについて

自営業者の場合、「青色申告」と「白色申告」という二つの申告の方法があります。「青色申告」とは複式簿記による記帳に基づいて作成した書類を、提出期限までに提出することにより「青色申告特別控除」という控…

» Read More

経費になるものとならないもの

確定申告をする際や帳簿をつける際に気になるのが経費です。経費は科目が多く、初めて帳簿をつける時には頭をなやませることが多いのではないでしょうか。経費とは経常費用の略称であり、事業や仕事を行う際にか…

» Read More

自営業とは、どういう職業や状態のことを指すのでしょうか?自営業といっても、一般的な会社としての形態だけを指すのではなく、自身が独立して行っている事業のことをいいます。個人事業主のように、会社を作らずに、個人で事業を行う場合もあれば、株式会社などの会社を作る場合もあります。特別な技能を持っていて、個人でフリーランスとして事業を行っている場合も、個人事業主と言えます。

会社員と自営業の大きな違い

自営業の確定申告